アマゾンアメリカ日本まで発送

個人輸入、並行輸入

海外のアマゾンに出店してお金儲け

chagayu

アメリカより日本でまだ販売されていない品物等を説明して行きます。

海外のアマゾンに出店してみてはどうですか?

日本では価格の競争になり儲けが少なくなりますが、海外ではあまり価格は気にせず販売できます

また最近は円安のため海外の方は日本製品が安く買える

つまり海外販売がやり易いのです

1.円安を生かして海外販売

2.日本ブームで人気がある製品を探す

3.アマゾン海外販売なら安心で簡単

4. 海外の買い手の方とはオンライン翻訳で簡単

 

1.円安を生かして海外販売

円安の今こそ海外販売の時です。

ただかなりの方は海外販売は面倒?

ただアマゾンの海外販売を使えば日本のアマゾンより海外のアマゾンに簡単に掲載できます

これがアマゾンが促進していますAmazonグローバルセリングです

アマゾンが掲げているステップは3個あります

1.何処の国で販売するか?

米国・欧州当で販売できます。外国語が苦手の方にはアマゾンが翻訳サポートを行ってくれます

またオンラインでの翻訳機能を使えば普通に買い手の方と会話する事には困りません

基本的には以下の国で販売できます

さすがアマゾン、販売網が広いですね

海外のアマゾンに出店

海外のアマゾンに出店

2.この後は日本での販売と同じく掲載する品物を決めて販売です

この時に掲載する国のアマゾンで何が売れているか調べてみる事です

またその国人達は何をこのむか?

日本では売れていても海外では売れていない品物では意味がありません

例えば最近は日本のアニメブームのため関連する品物を掲載して自分の店に呼び込む手もあります

3.日本から海外に送る事は苦手と言う方には海外のアマゾンの倉庫に送り、其処より買い手に送ってもらう手もあります

ただ売れないで残る、または食味期限がある等考えると、売れ筋が分かるまでは日本から自分で送る方が危険が低くなります

またその方が投資が少なくてビジネスを始められます

ここで自営で何かを制作している方は海外での販売を始めてみる手もあります

このまま日本だけで販売していたのでは今後は伸びる事はあまり望めません

その点アマゾンを通せば試しに海外販売が簡単に始められるわけです

 

2.日本ブームで人気がある品物を探す

 

さて掲載する品物を探す場合日本で売れていす品物ではなく海外で売れている品物を探す事です

例えば日本の100円店で売っている様な品物でも海外ではあまり見かけすかなり良い値段で売れる場合もあります

また自分で海外に送る場合には手元に無くても、簡単に近くで買える品物であれば全て掲載して良いわけです

つまりこの場合ビジネスを始めるのみ品物をマトメテ買う必要が無い

かなりの経費の節約となります

まず最寄りの店うやスーパーで売られている品物を全て掲載して見て下さい

一つづつではあまり買い手の気を誘わなくとも、掲載する数で買い手のアクセスを増やすと言う事です

この中から売り上げが多い分野が見つかればそれに関係した品物を多く探して掲載を増やせばいいわけです

 

3.アマゾン海外販売なら安心で簡単

 

海外販売が初めての方は色々心配がありますが、アマゾンを通せば安心して販売ができます

ジュニア
僕も試してみたいな

アマゾンの海外販売は此方より

始めは売上があまり望めなくても色々試している段階で今までとは違う事が学べます

例えば今日本で販売する場合価格が決めてとなりますが

海外では良い品物は名前が知れていなくても買い手に認められれば高い金額で販売できます

今までの安売りではなく品質で競争して少し高い価格で販売して見て下さい

 

例えばアメリカで販売する場合には売り上げ金はドルから円に換算されまして2週間事に登録した日本の銀行に振り込まれます

つまり価格がドルのため円安は関係なく安定した価格で販売できるわけです

またアマゾンのため振り込み等は間違いなく行われ他のオンライン点と違い安心して販売に専念できます

 

4.海外の買い手の方とはオンライン翻訳で簡単

さて海外での販売で一番の問題は掲載やメールでのやり取りの時に外国語をどうするかです

ここで力強い味方があります

Amazonの翻訳サポート

1月間200万文字までですとタダで利用できます

これだけあればまず毎月問題ない文字数で外国をを日本語、または日本語を外国語に翻訳できます

 

またこれより多くの数の翻訳をすると言う方はオンラインでの無料の機能を使えば問題ありません

私自身はオン来での翻訳を利用しています

オンラインでの翻訳を使えばウエーブページ全てをマトメテ翻訳する事もできます

またChromeのサーチを使えばこれが簡単に行えます

 

 

 

 

-個人輸入、並行輸入