アマゾンアメリカ日本まで発送

中南米フード

海外フード食べ歩き

chagayu

アメリカより日本でまだ販売されていない品物等を説明して行きます。

海外フードでメキシコと言うと思い浮かぶのはトルティーヤ、タバスコ、タマレス色々あります。


以前書きましたがトルティーヤ(トウモロコシから作った薄いパンケーキの様な物)だけでも色々あります。
アメリカ国内でも現在は色々売られており

スーパーでもパンに次ぐ立場を築いていると言えます

海外フード

ツマリ何かを挟むだけで簡単に食べられる

クッキングにも向いている
味があまり無いため色々な食べ物に使える

色々利点はありますがどの様にしてトルティーヤは始まったのでしようか?

トルティーヤの始まり

10,000BC にマヤの農民がトウモロコシから作り出した事が始まりの様です
その後アステカ時代(メキシコの中部に栄えた文明)には主食となりました

それを見たスペイン人がスペイン語でトルト、ケーキ

それに小さい事よりティーヤを付けてトルティーヤ

似た物ではネパールのチャパティ、インドのロティ

ただドチラも小麦から作られてあります

ただ1500年ごろメキシコ北部に居住したユダヤ人たちが

小麦で作ったトルティーヤを始めた事より現代メキシコでは2種のトルティーヤがあるわけです

先住民族のトウモロコシ処理ニシュタマリゼーション

当時先住民族は独特の方法でトウモロコシの粉、マサを作っていたわけです。


彼らは石灰岩を含む水の中にコーンを漬け皮を取り除きましたが

この事で消化しやすくなる

人間の体では作れないバイタミンが取れやすくなる、特にカルシウム等

この2点の利点が生まれて来たわけです

当時先住民族の食物でコーン、豆、カボチャが彼の食べ物で欠かせない物でした

地域によるトルティーヤ料理の違い

各国のトルティーヤを使った食べ物を上げてみます

タコス:油で揚げた、または焼いたトルティーヤに肉、野菜等載せたもの

タマレス:コーンの粉を豚の油と混ぜて版の生地の様にした物に肉、野菜、
     ソースを入れてコーンまたはバナナの皮で巻いあた物を蒸す(メキシコ、中南では一番有名)

アトーレブランコ: ローストしたコーンの粉をミルク当と混ぜて砂糖を加えた飲み物

ププーサ:太い目に作ったトルティーヤを中にチーズ、野菜、前当を入れる

ゴルディータ:焼く前のトルティーヤ肉、野菜等を入れて揚げる

タキートス:トルティーヤを肉、野菜等似れて長細巻き、揚げたもの。サワークリーム当で食べる

トスターダス:揚げたトルティーヤに肉、野菜等載せた物

ケサディーヤ:チーズ、肉、野菜等をトルティーヤではさんだもの

他にも色々ありますが大まかな物を上げてみました

海外フードでも基本は日本と同じ
ツマリは日本のご飯の代わりがコーンであり、色々な形で食べられると言う事です

日本でもトルティーヤ等の中南米の食べ物を最近は売れている様ですが

現地に赴き一度試して下さい、ただ日本と違い治安は良く無いため安全にはお気を付けて


ameba

私の他のブログ

-中南米フード