アマゾンアメリカ日本まで発送

海外お勧めガジェット

肩の疲れを軽減 iClever ワイヤレス縦型エルゴノミクス マウス 、静かなボタンクリック

chagayu

アメリカより日本でまだ販売されていない品物等を説明して行きます。

コンピューターの仕事で肩や手が疲れている人はいませんか。

今回は縦型エルゴノミクス、横型ではなく自然にマウスが手にはまります。

肩の疲れを軽減 iClever ワイヤレス縦型エルゴノミクス マウス

普通のマウスでは腕の骨がねじたカタチで持っているんです。

これでは肩の凝りに良くないですね。

しかしiCleverでは自然なカタチでマウスに手を添えるため長く使用しても腕、肩の疲れがかなり少なくてすむんです。

字を書く時にボールペンを握る感覚を考えて下さい。

長く買い手いてもあまりつかれません、ただ普通のマウスを長い間握っていると腕から肩にかけてコリがヒドイ。

私自身も長い間肩の凝りに悩まされれましたが、縦型エルゴノミクス マウスに変えてからあまり感じなくなりました。

1.iClever の外観

2.iClever 使用感とレビュー

1.iClever縦型マウス の外観

外観はユニークなカタチでまるでマウスを2っに折った様なカタチです。

手を添えて時に握る幅が狭くならない様に考えてありますね。

これですと無理にマウスを掴む必要がなく、自然に手こを添えられます。

またマウスは60度で傾くカタチで作られてあるため、無理なく手を長い間添えても疲れ無。

肩の疲れを軽減 iClever ワイヤレス縦型エルゴノミクス マウス

つまりマウスの幅は親指と人差し指の間隔に合う大きさで作られているんです。

単に縦型だけでなく、細部まで使い手の事を考えて制作されているんですね。

iClever縦型マウスは良く考えられて作られてあります。

 

また親指の隣には普通の

マウスと同じク進と戻るボタン。

またマウスの動きは800DPI, 1200DPI and 1600DPI の3段階で変更可能。

マウスのクリック音は静かに抑えられており、夜中に使用しても家族に迷惑かけないんです。

特徴:
2.4 Ghz ワイヤレス垂直マウスには適応周波数テクノロジが組み込まれており、Windows、Chrome OS、および Linux ベースのオペレーティング システムとシームレスに動作します。
約10mのワイヤレス範囲。
1600 Dpiの光学センサーが細かい動きを楽々追跡
4つの解像度から選択可能: 800 Dpi、1200 Dpi、1600 Dpi
高度な安定性により、先端のノイズが減少し、応答性が向上します
ささやくような静かなクリック
組み込みの次/前のページ ボタン — 1 回クリックするだけで目的のページにジャンプ
Mac と互換性のない機能
自動省電力 — 10 分後に自動的にスリープ状態になり、バッテリー寿命を節約します(AAバッテリーが必要)
ナノレシーバーと英語のユーザーマニュアルが含まれています

 

2.iClever縦型マウス 使用感とレビュー

1. 自然なカタチでマウスを保持

自然に手に収まるため無理なく仕事に利用でき

手の動きに応じてマウスカーソルが機敏に動くため手の疲れが感じません。

縦型エルゴノミクス マウスは自然なカタチで手を添えられるため肩こりは軽減されます。

始めて使用する方はカタチが普通のマウスとはまるで違う違和感を持ちます。

ただこのマウスは肩こりを少なくする事を目的としているため、悩まされている人はぜひトライするべきです。

私自身肩こりには長い間悩まされてきましたが、縦型エルゴノミクス マウスに出あい軽減されました。

また腱も自然なカタチで動くため体へのストレス軽減にもなる分けです。

iClever縦型マウスは無理なく仕事ができるカタチで制作されている。

 

2.このマウスの方が早く腕を動かせ、倦怠感もあまり感じないわけです。

普通のマウスでは腕を捩じるカタチで握っています。

無理なくマウスを握っているため腕を早く動かせるわけです。

マウスのカタチから動かす事が難しと感じますが、少し慣れてくると普通のマウスより楽に動かす事ができるわけです。

ツマリ人間工学に基づいて作られてあります。

また少ない腕の動きでマウスポインタ―を動かせる。

ツマリ腕、肩への負担が少なくてすみます。

見た目で判断せず、一度試して下さい。

 

アップルエアタグ Apple AirTags RAPTIC リンク&ロック用安全キーホルダー

 

-海外お勧めガジェット