良く眠れるための工夫

良く眠れるための工夫?暑い夏がもうすぐ来ますが、対策はあるでしようか?
私自身以前はかなり苦労したため、経験も踏まえて説明して行きます。

外部より体温を下げる様に心がける。

1.手や足を布団より出して眠る。
つまり体温は手や足から逃げやすいため布団の外に出せばいいわけです。
この時に布団当でカバーされていると体温の低下の妨げとなります。
私達は寝る時に1度程体温が低下すると言われています。

これは体が自然と温度を下げるため血流を増加させて、手先や足の底から体温の温もりを放出しようとするため、暑い夏場に布団当で覆われていると体温の低下を妨げ安眠ができない事につながります。

良く眠れるための工夫

良く眠れるための工夫として以下の事も上げられます。


2.横向きになり眠る。
ツマリ体の大部分が余計に空気に当たるため体温が失われ易くなるためです。
1番と同じ事で体温の低下を助ける事です。

3.頭が涼しくなる様に心がける。
寝る時には頭が涼しい方が良く眠れると言う事です。
冷やしたタオル当を頭に載せるなどして温度を下げる事を助ける事です。

リサーチでは室温が摂氏15.6〜19.4度が一番寝るのに適している室温だそうです。
ただ現実には1年を通してこれに近い温度に部屋を保つのは難しいですね?
私達の体は夜に温度が昼間より下がる事で、寝る時間が来たと反応するそうです。

効果的に体温を下げる為の手助け

4.眠る前に温かい物を飲む。
反対に思えるでしようが、温かい物を寝る前に飲む事で、少し汗をかき易くなり体の体温を下げる事に繋がります。

5.冷たいシャワーを浴びない事。
4番に関係してきますが、冷たいシャワーを浴びる事で体は反対にボデー温度を上げようとするためです。
日本では夏場での温かいお風呂に入りますが、この事が体温の低下を助けているわけです。

6.眠る前に足のみに冷たい水をかける。
パルスポイントを冷却する事で体全体の体温を下げる事の助けとなります。

7.キレイな靴下等にお米を詰めて数時間冷蔵庫で冷やした後に眠る時に頭や首に当てて眠る。

8.コーヒー、辛い食べ物をできるだけ避けて、昼間できるだけ水を飲む。
コーヒーは体温を上げる事に働き、水を沢山飲む事で体温を下げる事に働きます。
昼間水分補給が少ないと短い睡眠時間と言う研究があります。
まはコーヒー当でカフェインを多く取ると以下の事が起こり易くなります。

*胃の中の酸の放出を増やし、胃のむかつきや胸焼けを引き起こす。
*体内のカルシウムの吸収を妨げる。
*血圧を上げる。

そのため昼間でもカフェインを多く含む飲み物等は控える事が必要となります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。