アメリカから安く品物を買う方法

アメリカから安く品物を買う方法?

仮想宛先、仮想メールボックス、Virtual address買い物をする人が増えています。

ようはアメリカに住まないでアメリカの宛先のみを取る方法です。

送り先がアメリカ国内のみの店や、Ebay等で海外には送らない売り手から品物を買いたい場合に利用します。
毎月少ない金額で利用できるのですが、あまり使わない方には毎月の費用が無駄になります。

転送と言うサービスもありかなりのサービスが日本人、または日本語が分かる方が経営している様です。
費用は色々ですが代行より普通は費用が安く決められてある様です。

アメリカから安く買う方法

これらのサービスを利用する場合の選び方としては

利用費用が低いか
転送手数料
品物の確認及び保管期限等
サービスの内容

利用費用が低いか

1.まず当然1回の利用費用が低いか?その場合に転送サービスでは品物をマトメテ日本まで送ってくれるかです。
また保管してもらう場合手数料は幾ら掛かるかです。
1回の費用が安くても保管してくれない
または保管費用が高い場合には何も意味が無くなります。

転送手数料


2.次に転送の場合日本に送る費用と転送手数料は幾らになるかです。
転送会社によりこれらの費用の計算は違ってくるため
使い方により始める前に計算してみる事が必要となります。

多くの所は転送費用の%が低い事を説明してありますが、あまり細かく費用を決めてある所は利用しない方が安全かもしれません。

使う方の利便を考えた場合これらの会社は簡潔に費用を決める事が親切と言うものなのです。
面倒に決めてあると言う事はゴマカシテ儲ける事を考えている所と言えます。

アメリカから安く買う方法は色々ありますが、

アメリカから安く買う方法
品物の確認及び保管期限等

3.次に考える事はサービスの点です。品物を転送先に送った場合に品物の確認、または写真を撮影して送ってくれるかです。
店または売り手により間違った品物を送って来た場合や、新しい品物を買ったのに一度開けた品物を送って来た場合です。

Ebay等では気をつけないと一度開けた品物を新品として売る沢山の売り手があります。
開けてあるが使ってないと言う事でeBayでは曖昧な言い表しがあります。この点は別の時に説明させてもらいます。

転送先での品物の確認及び保管期限等はキチンと確認した方が無難です。

急いで転送費用のみで決めてしまうと後でかえって高いサービスを決めた事になりかねません。

私が日本で利用しています転送サービスですが後から気づいた事ですが、保管期限は60日までが最高。
それ以上ではかなり高い費用が掛かって来る事が後で分かりました。

私自身オンラインでのサーチで名前が良く知れていると言う事で決めました。
ただ今考えましても他には探す要点が無かった様に思われます。

オンラインでの評価はかなりの場合故意に作られた場合があるため何を信じていいのか?

サービスの内容

4。メールでの質問に対して早く、親切に答えてくれるか?
評価の曖昧さを補う所としまして、何度かサービスを決める前にメールで問題点を聞いてみる事です。

名前が知れている所はかえって細かい質問等には答えてくれないかもしれません。
ただあまり名前が知れていない所に頼むのも気が引けてくる物です。

ホームページで電話、またサービス会社の宛先が書いてあるかです。

アメリカでのオンラインでの売り手でもかなりの方が、UPSなどのメールボックスの宛先を連絡先として記載しています。
どうして本当の宛先を隠すのか?この様な売り手からは買わない方が無難と言えます。
これはサービス会社を決める場合でも同じです。

基本としましては
*要な基本に返り相手に対して紛らわしい記載をしていないか。
*親切に、早くメールに答えてくれるか。
*正しい連絡先が記載してあるか。

この様な点を踏まえて決めるといいのではないでしようか・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。